採用されたいなら面接を円滑に!施工管理会社に採用される極意

受かる術

未経験で働く

未経験で働く場合は不利になってしまいますが、熱意を伝えることによって、内定をもらうこともできます。そして、早めに仕事内容を覚えられるように早く出勤したり、分からない事は積極的に聞いたりする努力を惜しまないことが鍵です。

経験あり

転職をするのであれば、スキルアップをしたいということを真剣に伝えることによって、面接官の心を打つことができるでしょう。そして、今までやってきたことを話すことでぐんと合格率を高めることが可能になるのです。

求人誌でチェックしておくべきところ

no.1

給与面

働くならそれなりの対価がなければ意味がありません。ですので、まず注目しているのは時給なのか月給なのかと言うことです。それがモチベーションにもなるので、できるだけ給料の高い会社を選ぶと良いでしょう。

no.2

場所

自営業でない限りは、決められた時間までに電車や車を利用して出勤しなければなりません。しかし、職場が遠すぎると通うのが億劫になってくるので、自宅からどのくらいの距離なのかを調べているのです。

no.3

自由に働ける

子育てや他にやりたい方がある方は毎日働くことができないので、週1日から3日程度の時間で就くことのできる仕事を探しているのです。そうすれば、プライベートを犠牲にすることなく両立させることができるでしょう。

採用されたいなら面接を円滑に!施工管理会社に採用される極意

男女

履歴書には資格を書くべし

いくら未経験といえども、何もしていなければ合格する見込みはないに等しいので、どうしても施工管理の会社に採用されたいのであれば、独学で仕事内容を勉強すると良いでしょう。また、資格は建築施工管理技士の1級或いは2級を習得しておくべきです。

特技欄

施工管理の仕事は常に体力が問われているので、毎日筋肉トレーニングをしていたり、ジョギングをしていたりするなら、そのことも話すと良いでしょう。そうすることによって、採用される確率は大幅に高くなります。

長所

仕事をするにあたって、施工管理の豊富な知識や経験はかけがえのないものになりますが、誰とでも話すことができることや、責任感が強いことなどを書いておくことによって、人間力を面接官に見てもらうことができ、採用に持ち込めるのです。

職務履歴書が鍵を握る

本気で採用されたいなら、今まで施工管理の職に就いていた期間や企業名だけを書くのではなく、これまでしてきた内容を明確に書き記しておくと良いでしょう。そうすれば、書面でも良い印象を残すことができるので、自己アピールを成功へと導けるのです。