既卒が就活に至るまで~既卒でも就職先はいっぱいある~

定義の違い

新卒の場合

新卒であれば、新卒しか就職することができない大手企業などの難関をクリアすることが可能になっています。ですので、エリート街道まっしぐらな人生を歩みたい方にはピッタリと言えるでしょう。

既卒でもOK

お堅い企業であれば、新卒しか雇わないというところもあります。しかし、中小企業にはそういったことに関わらず就職をすることが可能になっているので、視野を広げたい方に打って付けとなっています。

既卒が就活に至るまで~既卒でも就職先はいっぱいある~

面接

内心は見破られる

自分は既卒だからと肩を落としている方は多くおり、最初から諦めモードの方がいても当然かもしれません。しかし、そう思っていると言動や態度に出てしまい、面接官に見破られてしまう恐れがあるので、ポジティブに考えながら就活しましょう。就活とともに、資格習得をしておくと今後のためにもなるでしょう。

実績を作る

新卒と既卒を並べられた時に、やはり新卒の方が有利な感じがしますが、アルバイトで働いていたとしても実績があることによって、評価してくれる企業があります。ですので、「アルバイト先ではアプリを開発して、仕事の役に立てた」などと伝えると好感度がグッと高くなります。また、そういった場合、入社した後でも成績が良ければ昇給アップや昇進を狙えるのです。

インターンに参加する

インターンは大卒を控えた学生が就活のために職場体験をするようなものですが、既卒でも働くことができるようになっています。そこで与えられたプロジェクトを熟すことによって、実績を作りやすくなるので、実践してみるべきです。また、働いた経験が長ければ、経験者としてみなされることもあるので、一石二鳥と言えるでしょう。

コミュニケーション能力を武器にする

新卒の方は家族や学生同士の会話は慣れているかもしれませんが、企業に入ってからのコミュニケーション能力やリーダシップ能力が欠けている場合があります。しかし、既卒でもこういった能力があれば企業がこぞって欲しがるので、全面的にアピールしてみるのも良いでしょう。そして、考え方や将来のビジョンなどを具体的に面接官に伝えることによって、熱意や実力を認めてくれるはずです。

面接を突破するには

どのような態度で挑めばいいですか?

回りに新卒の方ばかりいると身構えてしまって声を出すこともままならないことがあります。しかし、それをバネにハキハキ答えたり、背筋をピンと伸ばしたりするだけで、面接官に好印象を与えられるでしょう。

資格は役立ちますか?

もちろんです。全くの未経験で資格を持っていないよりも、資格を持っていた方が確実に合格することができます。ですので、就職先を限定しているのなら、その企業が求めている資格を取っておくと良いでしょう。

フリーターは印象悪いですか?

何の考えもなしにフリーターをしているのであれば、精神的に弱いとレッテル貼られてしまいます。しかし、目的を明確にして、面接時にも説得力を持たせることによって、反対にイメージアップすることもあります。

昔話はマイナスになる?

ネガティブな言葉ばかりを並べてしまうと、面接官が呆れ返ってしまいますが、過去と今を比較して成長した点を述べることによって、しっかりとした考えがある人だと印象付けることができるでしょう。

志望動機はどう言えばいいですか?

会社、職種、業界など、面接を受ける企業の良さを下調べして、志望動機に織り交ぜることによって、プラスの印象を抱いてもらうことができます。絵空事ばかりでなく具体的な事を面接官にぶつけてみるべきです。